ヤング開発

ヤング開発さんとの出会いは、僕がなぜか人生の先輩がた(しかも物凄い経営者のみなさん)の前での講演会でした。

初めての講演会で、バリバリバリバリの緊張と「人生の先輩方に僕みたいなもんが「夢を叶えるための3つの要素」とかどの口が言うてんねん。」的なほんますんません的な気持ちで、背中に冷たいものが何度も通っていったのを覚えています。地獄でした。

それでも「講演会中、誰1人眠らせないぜ!」という当初の目標を達成するために必死で声をはって、なんとかかんとか話し終えた僕に「なかなか面白かったで。」って声をかけてくれたのが伊藤社長でした。

地獄に仏。

その一言で救われました。

その後、またまたご縁をいただき、伊藤社長よたまたまご一緒させてもうたんですが、その時(いま考えたらようやるわと思いますが)、

「この曲聴いてください!」

ってワタナベフラワーの「運ぶday」という曲のデモを聴いてもらいました。(つよ。僕ハートつよっ。)

 

伊藤社長は

「ええやん。次のうちのCMこれでいきたいな。」

って言うてくれたのです!

マジかよ!!

ワタナベフラワーのNHKみんなのうた「てんとうむし」のアニメーションを手がけていただいたスリー•ディーさんと一緒にフルアニメーションのCM制作。

見事にヤング開発さんのCMをさせていただく事になりました!

それからなんと今年で10年!

忘年会に呼んでいただいたり、引き続きCMを担当させていただいたり、神戸市9区を引越す時も、そして神戸ストラットもずっと具体的な応援をしてくれています!

いつ会っても気さくで優しい。

それでいて、百戦錬磨の経営者の凄みを感じています。

でもやっぱり優しい。

そんなヤング開発さんが今年の神戸ストラットも具体的な応援をしてくれます!

ありがとうございます!

ちなみにヤング開発さんは一緒に働ける人を随時募集中!

https://www.yangu-kaihatsu-recruit.jp/

高須クリニック

出会いはABCラジオ。

高須クリニックpresentsの番組をするというので呼んでいただきました。

そこから、たくさん一緒にイベントをさせてもらったり、ラジオもずっと応援していただいてます。

あるラジオが終わると決まった時に

「終わる前に言ってくれたら、高須クリニックで応援するのに。」

って言ってもらいました。

神ーーー!

そこからずっと。ずーっと。応援してくれてます。

高須クリニック大阪院の高須久弥先生は、僕では浮かばないとんでもない(時に訳がわからない)アイデアをぽんぽん出してきはります。

久弥先生のチャレンジを体感すると、僕なんかまだまだ守ってるなーと思います。

やり方というか、考え方。ほんとに凄い。

リスペクトしてます。

シビれる刺激をくれる高須クリニック、今年も神戸ストラットを応援してくれます!

 

ありがとうございます!

久弥先生が驚くくらいのフェスにします!

 

マルヤナギ

神戸市は東灘区に本社を構えるマルヤナギ小倉屋さん。

神戸ストラットに具体的な応援をしていただきたくて、Facebookで柳本会長(当時は社長)に恐れ多くもメッセージを送らせていただいたのが最初の出会いです。

「マ〜ルヤナギ」のCMでもお馴染み、超有名企業の社長に直アポとろうとするとか、当時の僕も勇気あるやつやな〜と今も関心してます。

どこの誰かも分からないバンドマンなんか一蹴されるかなと思ってビビりながらもメッセージ送ったんですが、返ってきた言葉が

「お話一度聞かせてください。」

でした。

「ひょえーー!」って当時声に出して言いました。言ったのを思い出した。

柳本会長は真剣かつとても優しく、僕の話を聞いてくれました。

そしてマルヤナギの会社の説明を丁寧に丁寧にしてくださいました。

こういう大人になりたいなぁ。

って思いました。

強くて、優しい。

分け隔てしない。

こういう人の会社やから、たくさんのファンがいて、たくさん応援されてるんやなーって思いました。

それからマルヤナギさんの楽曲をたくさん作らせていただいたり、美味しいご飯に連れて行ってもらったり、ずっとワタナベフラワーを、神戸ストラットを、応援してくれています。

お打ち合わせさせていただいたこの日、「僕、この後、能登に行ってきます!」

って言ったら「クマガイさん、おにぎり食べますか?これは道中におやつに、これも、あれも…」と、お土産をたくさんいただきました。

オカンやん。

オカンの愛情やん。

本当に感謝です。

マルヤナギの商品が売っているマルヤナギ本社1階の誠味屋本店に行くとね、みなさんから「いつもありがとうございます!」って言われるんです。

「こちらこそです!!!!!」ってなかやまきんに君ばりのパワーで言いたい。

お店やから静かにするけど。

 

マルヤナギ小倉屋さん、神戸ストラットへの具体的な応援、ありがとうございます!!!

沢の鶴

神戸ストラット、4年ぶりでね。「どうやって作ってたっけ?」って感じで思い出しながらやってます。

まずは土台を固めていく。

想い、やりたい事、そこから実現に向けて具体的にしていくのです。

先日、能登に行って想いが強くなり、やりたい事が見えてきました。

じゃあ次は具体的に考えていく。

 

入場無料の野外音楽フェス。

無料?どうやって作るん?

僕は0円でもいいけど、何をするにもお金かかるねんで。

(神戸市や県や国からの補助金は初年度以降申請していません。)

 

そうなんです。

入場無料の野外音楽フェス、神戸ストラット はみなさんの具体的な応援(協賛)で作られているのです!

スポンサードしていただきたい企業さんに伺ってお話をしていきます。(もちろん僕が。)

本日、行ってまいりました。

 

沢の鶴さん!

 

ワタナベフラワーのファンにはもうお馴染みの日本酒の企業さんです!

ずっと活動をサポートしてくれてます!

 

「こんな想いです、こんな事やりたいです、あと、この居酒屋が最高で…」

(全然関係ない話も笑って聞いてくれました。優しい。)

 

たくさん話した後の担当の宮﨑さんの一言。

「うちが断る理由がございません!」

泣く。

「この企画書を開く前から、決めておりました!すでに先日の会議で社長にも確認とっております!」

 

泣くて。

 

東京からこの日会議で本社におられたSNS担当の矢野さんが

「なんでもやります!」

って。

 

広報担当の松本さんも

「私もなんでもやります!!」

って。

 

ねぇ。泣くって。

 

沢の鶴さんにもいっぱい喜んでもらえる楽しんでもらえるフェスにする!頑張る!

ストラット終わったら日本酒で乾杯するんや!

 

沢の鶴さん!ありがとうございます!

能登へ

東北の震災で被災した子ども達に「神戸はこんなに元気になったで!」って背中で見せたい!

そんな想いで始まった入場無料の野外音楽フェス、神戸ストラット 。

あれからずーっと繋がっている東北の子供たちがいます。

みんな大きくなって、たくましくなってます。(たまにLINEしてます)

 

今年、能登で大きな地震がありました。

自分も阪神淡路大震災を経験した身として、感じていた事

「最初はたくさんのボランティアのみなさんが現地に行く。そして最初はメディアがたくさん報道する。でもみんながだんだんと行かなくなってから、メディアがだんだん報じなくなってからが復興に向けて本当に大事な時期なんや。」

 

みんなが忘れつつある時にこそ、僕は行こうと思っていました。

 

バンドマンの友達、アカシアオルケスタの鍵盤むぅは能登の七尾町で被災しました。

むぅに電話で話して、当時やそして知りうる限り今の状況を教えてもらいました。

 

そして、震災があってすぐボランティアに動いていた鍼灸師のMEGAPANくんに連絡。

色んな事を教えてくれて、そして色んな人を紹介してくれました。

やっぱり実際に現地で動いている人の話は熱量が違うな。

 

4月12日(金)の仕事終わり、朝干した洗濯物をとりこんだ18:30頃、僕は軽自動車で1人、石川県に向かいました。