東北一人ストラット 1日目 夕方のつづき

5月12日(土) 17:45頃

超えなければいけないハードルはたくさんありましたが、僕達は松岩保育所に歌いに行かせていただけることになりました。当時NHKみんなのうたで放送されていたワタナベフラワーの「てんとうむし」という曲を松岩の子供達は運動会の出し物としてダンスを踊ってくれていたのです。

運動会が終わり、教室に戻ってきた子供達に向けてサプライズ。僕達がてんとうむしを生演奏するという演出を先生方が考えてくれました。

てんとうむしを歌った時、誰の指示もないのに座って見ていた子供達が立ち上がって運動会で踊っていたダンスを僕達の演奏にのせて踊ってくれました。

歌い終えた後にね、もう涙が止まらなかったです。何も言えなくなりました。何も言えない僕達に、子供達が

「がーんばれ。がーんばれ。がーんばれ。」

って言うんです。

もう顔面ぐちゃぐちゃになりましたわ。メンバーも、中澤さんも、みんななってました。

僕達がその言葉を言いに来たハズやってんけどなーって思ってぐちゃぐちゃになりました。

ぐちゃぐちゃになりながら僕達から出た言葉は「ありがとう」でした。

これやなーって思いました。

この時に僕は「がんばれ」よりもお互いに「ありがとう」って言いたいなーと思ったんです。東北で美味しいもの食べて、お金を払ってお互いに「ありがとう」って言いたい!東北の好きな人を紹介したい!その人の生の言葉をみんなで聞こう!東北の景色をみんなで見たい!押し付けるんじゃなく、目にしたものでそれぞれが何かを感じてほしい!そうやって僕達が好きな東北を紹介するツアーを東北の観光会社を使ってやろう!

「忘れないで」って僕達が言うのは変や。自然に「また行きたいな。」ってみんなが思い出してくれらええな。

そういう想いで「東北ストラット(バスツアー)」が出来ました。こういう気持ちを作ってくれたのは間違いなく横山さんと瀬川さん、そして松岩保育所のみんななのです。

僕達が東北に行きたいって気持ちを作ってくれたルーツみたいな二人、横山さんと瀬川さんに会いたい!そう思って電話をしました。

もちろん、アーモンドクラッシュポッキーを食べてからです。

「東北一人ストラット 1日目 夕方のつづき」への1件のフィードバック

  1. ありがとう
    って凄く良い言葉
    口先だけじゃなく心を込めて相手には伝えたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です