東北1人ストラット 2日目 午後

5月13日(土) 15:00頃 

仙台に来てすぐFBから連絡をくれた藤光さん(1日目 おやつの時間参照)が紹介してくれた、杉浦さんという方に会いに行きました。

岩手県一関市まで。地理的には気仙沼のお隣になるのかなー。

ひゃーーー!初めてーーーーー!

いやほんまにね、僕1人でなんも出来ないんすよ。恥ずかしながら。38歳ながら。(この時。現在は39歳。)

1人でレンタカー借りて、1人でナビ入れて、1人で運転して、ブーンと。

やったら出来るもんですね。

ただ一人で写真撮るのさみしかったです。

杉浦さんは最後まで何者か分からない感じもありましたが、とても感覚に正直な人やなーって感想です。

以下は杉浦さんから聞いたお話。

・東北には7年目になる移住者である。

・昔交通事故で死にかけた。

・死んだと思ったらなんでもいいんです。なんだってできる!と力説。

・気仙沼にはなくてはならない人になっている。という印象。

・でも「東北に永住すると決めてるわけじゃない。」

・東北には楽しいからいるんです。

・沿岸部はもともと地震の前から過疎化が進んでいた。なんにせよ人が減るのをとめられない。

・地元の人が地元をよく思ってない気がする。こんなに素晴らしいのに!

なるほどって思いました。

中にいないと分からない事、外からじゃないと分からない事、どっちもあるんやなあ。って思いました。

例えば「宮城県沿岸部の人口が流出」って聞くと、どうしても地震のせいだと思いがちですが、それだけではないんですね。

たまたまなのかも知れませんが、僕の出会う東北の人たちは本当に元気でパワーある人たちばかりです。

 

あとこれは僕の一関市の感想。

・百葉箱が多い

東北一人ストラット 2日目 朝

5月13日(土) 10:00頃

東北での全てはこの人から繋がったと言っても過言ではない恩人横山さんのアポがとれました。

横山さんはめーーーーーーっちゃくちゃ忙しい人で、ほんまにいっつも全国を飛び回っているのやけど、東北の事を常に考えて動いてはる素敵な人です。そんな横山さんが今回「クマちゃんにぴったりな人がいるから紹介するわ!」って急なオファーなのに時間を作ってくれました。

どうしよう横山さん。抱きしめたらいいですか?(「いらねーよ!」って言葉が聞こえてきそうです。)

待ち合わせは場所はおっさんのお客さんは僕一人。かわいいかわいいカフェでした。

紹介していただいたのは、せんだいこども食堂を運営してはる門間さんという方でした。こども食堂っていうのは無料や低料金で子ども達にごはんを提供する場所の事です。

僕は小学校5年の時に、オカンと離れて暮らす事になり、オヤジは3日に1回しか帰って来ない仕事だったので、つとむ君の家や、徳竹のおばちゃん、有留のお家にもよく行ったし、その他もたくさんのおばちゃんにお世話になりました。

ご飯に呼んでもらったり、世話を焼いてもらったり。たくさんお母さんおるみたいな感じです。こんな僕の昔話を、門間さんも横山さんもとても優しい顔で聞いてくださいました。

当時はそんなに思ってなかったのですが、大人になって凄く感じる事、それは

「誰かとごはんを食べるって大事」

って事です。だってなにより楽しいやん。

こども食堂なら一人出来ても色んな人とご飯が食べられます。

そんな話をしている中で横山さんが漫画?かドラマで?見たある兄弟のお話をしてくれました。

親のいない兄弟、頑張って貯めたお金で行った遊園地。入園出来たのはいいけど、その中にある乗り物に乗るのにはまたさらにお金がいる。それを知らなかった兄弟は遊園地で乗り物を観ながらただ泣いていました。

苦しいですね。心が苦しいです。

イベントにおける目標に「みんな楽しい」があります。

お金がなくても、一人でも、誰とでも、楽しめるイベントにしたい。

子どもの笑顔は、イベントにとても素敵なにぎわいを作るハズです。こども食堂と、神戸ストラットの遊びブース、何か通じるところがあるんじゃないかと思いました。

門間さんと出会えた事は、これからの神戸ストラットにとってとても大切なだと感じました。

東北一人ストラット 1日目 夜のつづき

5月12日(土) 21:30頃

東日本大震災があったその日、伊東洋平くんは関西にいました。
報道でその事実を知った伊東君はすぐさま仙台へ向かったのですが高速道路が使えなかったため、下道で何十時間もかかったそうです。
避難所に着いた伊東くんは不安や寒さで静まる空気をなんとか打開できないものかと考えました。
「まずはこの体育館の隙間風をなんとかしよう!」
伊東くんは色んなところからダンボールを集めてきて、それを風が入ってくるところに詰めていきました。一人で。もくもくと。
そうすると一人のおじさんに声をかけられました。
「なんか手伝おうか?」
そうしておじさんとダンボールを詰めていくうちに、一人また一人と手伝ってくれる人が増えていったそうです。

人が増えればそこに会話が生まれます。
会話が生まれれば笑顔が生まれました。
そうして笑顔が生まれた中で、伊東くんは自分がミュージシャンであることをみんなに伝えると「歌ってほしい。」と言ってもらえたそうです。

伊東くんはミュージシャンです。
でも始めから「俺はみんなのために歌いたい!」とかじゃなく、まずそこに何が必要で自分に何が出来るか考えるところから始めたのです。
それから伊東くんは色んな避難場所に行っては隙間風のあるところにダンボールを詰め、そして歌を歌ってまわったそうです。

僕、この話めっちゃ好きや。
伊東くんのこういう優しさめっちゃ好きやー。
伊東くんイケメンやねん。モテるねん絶対。
イケメンぎらいで生きてきた僕が(ねたみ そねみ)
伊東くん好きやわー。ってこの話聞いてめちゃ思ってしまいました。

追伸
伊東くんは昔サッカーでブラジルに留学してたらしいで!
うわーーーーーーー!
もうこれは来てもらうしかないんちゃう?

東北一人ストラット 1日目 夜

5月12日(土) 20:00頃

ホテルで数時間アポ取り。みんな突然やのに本当に優しい。なんとかしようとしてくれる。東北一人ストラット1日目の晩御飯。

「一人はいややー!」

って言ったら来てくれました。東北のミュージシャン、ヒザシ君一家と伊藤洋平くん!わーい!

ヒザシくんは元々「ザ・キャプテンズ」っていうバンドのギタリストで「ギタリスト時代にはギターを弾かないギタリスト」として、最高にカッコいい存在でした。バンドをやめてからも楽曲提供や加藤登紀子さんと共作したりしてて活躍しています。

伊藤洋平くんも元々バンドをやっていて「イケメンズ」っていうハードル高いバンド名を飛び超えていけるナイスガイです。

前述の中澤さんが神戸で主催する神戸と東北の交流イベント「デスカルガ」でも共演していて、でもじっくり飲むのは初めてかもしれない二人が急遽駆けつけてくれました。ヒザシ君一家は去年のストラットに招待して、ワタナベフラワーのライブで一緒に演奏したのは楽しかったなー。

 

東日本大震災のすぐ後、僕はヒザシ君に電話をしました。

その時「僕の奥さんが、地震があってから元気がないんだよ。クマちゃん、とってもワガママなお願いなんだけど、奥さんがワタナベフラワーの「元気がE」って曲大好きで、よかったら歌ってくれないかな?」

夜の六甲本通り商店街で、「元気がEー!元気がEー!」って携帯ごしに歌いました。一人で。(けっこう恥ずかしかったです。)

二人は何度も「ありがとね。クマちゃんほんとにありがとう。」って言ってくれました。その時に「僕でも出来る事もあるんやなあ。歌っててよかったなあ。」って思いました。そんなつながりからずっと一家でワタナベフラワーを応援してくれています。

二人に最近の東北の様子を聞きました。色んな方々がいて一概には言えないけど、と前置きした上で

「仙台は全体的に落ち着いている。」

と。

引き続き復興市などのイベントはあるけれど、同じ宮城でも沿岸部の情報はなかなか入ってこないのが現状だとの事です。

東北一人ストラット 1日目 夕方のつづき

5月12日(土) 17:45頃

超えなければいけないハードルはたくさんありましたが、僕達は松岩保育所に歌いに行かせていただけることになりました。当時NHKみんなのうたで放送されていたワタナベフラワーの「てんとうむし」という曲を松岩の子供達は運動会の出し物としてダンスを踊ってくれていたのです。

運動会が終わり、教室に戻ってきた子供達に向けてサプライズ。僕達がてんとうむしを生演奏するという演出を先生方が考えてくれました。

てんとうむしを歌った時、誰の指示もないのに座って見ていた子供達が立ち上がって運動会で踊っていたダンスを僕達の演奏にのせて踊ってくれました。

歌い終えた後にね、もう涙が止まらなかったです。何も言えなくなりました。何も言えない僕達に、子供達が

「がーんばれ。がーんばれ。がーんばれ。」

って言うんです。

もう顔面ぐちゃぐちゃになりましたわ。メンバーも、中澤さんも、みんななってました。

僕達がその言葉を言いに来たハズやってんけどなーって思ってぐちゃぐちゃになりました。

ぐちゃぐちゃになりながら僕達から出た言葉は「ありがとう」でした。

これやなーって思いました。

この時に僕は「がんばれ」よりもお互いに「ありがとう」って言いたいなーと思ったんです。東北で美味しいもの食べて、お金を払ってお互いに「ありがとう」って言いたい!東北の好きな人を紹介したい!その人の生の言葉をみんなで聞こう!東北の景色をみんなで見たい!押し付けるんじゃなく、目にしたものでそれぞれが何かを感じてほしい!そうやって僕達が好きな東北を紹介するツアーを東北の観光会社を使ってやろう!

「忘れないで」って僕達が言うのは変や。自然に「また行きたいな。」ってみんなが思い出してくれらええな。

そういう想いで「東北ストラット(バスツアー)」が出来ました。こういう気持ちを作ってくれたのは間違いなく横山さんと瀬川さん、そして松岩保育所のみんななのです。

僕達が東北に行きたいって気持ちを作ってくれたルーツみたいな二人、横山さんと瀬川さんに会いたい!そう思って電話をしました。

もちろん、アーモンドクラッシュポッキーを食べてからです。