神戸ストラットを終えて

神戸ストラットin六甲アイランド、なんとか無事に終える事ができました!
あいにくのしっとりしすぎなお天気でも僕たちが一日中笑顔でいられたのは、関わってくれたみなさんが笑顔でいてくれたからだと思います。
みなさんの「雨が降っても楽しもうとする気持ち」に感謝しています。

神社やお寺のない六甲アイランドがとても大事にしているハロウィンフェスティバル。その30年という記念の年に神戸ストラットは同時開催させていただきました。

2日間ある六甲アイランドハロウィンフェスティバル2日目にはワタナベフラワーの出演予定はなかったのですが、神戸ストラットの最終ミーティングの際、ハロウィンフェスティバルを制作しているニュースダストの北浦さんと地域振興会の福井さんに
「2日目、現場終わりで今年のハロウィンを見届けたいので六アイに行くつもりです。ちなみにもし歌える時間があれば歌わせていただく事は可能ですか?」
と、開催に一週間をきった段階でそんな時間あるわけねーよと分かっていながらも無茶な相談をしたら
「今年はワタナベフラワーで始まって、ワタナベフラワーで終わりたいです!最後の時間を無理やりでもあけます!」
とお二人に言っていただきました。

ストラットというのは「堂々と歩く」という意味です。
僕はまた、歩きたい場所に出会えました。
それは、当日会場にいていただいた方はもちろん、来ることが出来なかった方も含めて、関わっていただいたみなさんの具体的な応援のおかげです!
本当に、ありがとうございました!

神戸ストラット、楽しかったです!
やってよかったーーーー!

神戸ストラット実行委員長
ワタナベフラワー クマガイタツロウ

 

追伸
残念ながら2日目の六甲アイランドハロウィンフェスティバルは中止になってしまいましたが、ビンゴ大会だけやっているという情報を聞いたので、今年のハロウィンの最後をメンバー、スタッフと見届けに行ってきました。
来年の六甲アイランドハロウィンフェスティバルの出演依頼をお土産にいただきました。やったー!

「神戸ストラットを終えて」への1件のフィードバック

  1. お疲れさまでした。
    雨、風なんてなんのその、本当に楽しかったです。
    やぐらステージ近くの遊びのコーナーのスタッフさんが、笑顔で親切に対応してくれたり、大勢で躍った盆踊りで婦人会の方が優しく踊りを教えてくれたり、1人で参加しましたが、結局たくさんの人とふれあいました。初めて会うラジオでおなじみのリスナーさんとも仲よくなりました。ワタナベフラワーのファンの方々はもちろんのこと、ワタナベフラワー以外のアーティストのファンの人達とも、イ
    ベント以来の久しぶりの再会も出来ました。
    アーティストさんの渾身のステージはどれも圧巻で、出来れば全部見たかったです。
    実は飲食ブースをゆっくり回れなかったことが心残りですが、楽しい1日でした。
    関わったスタッフの皆さん全員にお礼が言いたいです。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です