東北1人ストラット 2日目 午後

5月13日(土) 15:00頃 

仙台に来てすぐFBから連絡をくれた藤光さん(1日目 おやつの時間参照)が紹介してくれた、杉浦さんという方に会いに行きました。

岩手県一関市まで。地理的には気仙沼のお隣になるのかなー。

ひゃーーー!初めてーーーーー!

いやほんまにね、僕1人でなんも出来ないんすよ。恥ずかしながら。38歳ながら。(この時。現在は39歳。)

1人でレンタカー借りて、1人でナビ入れて、1人で運転して、ブーンと。

やったら出来るもんですね。

ただ一人で写真撮るのさみしかったです。

杉浦さんは最後まで何者か分からない感じもありましたが、とても感覚に正直な人やなーって感想です。

以下は杉浦さんから聞いたお話。

・東北には7年目になる移住者である。

・昔交通事故で死にかけた。

・死んだと思ったらなんでもいいんです。なんだってできる!と力説。

・気仙沼にはなくてはならない人になっている。という印象。

・でも「東北に永住すると決めてるわけじゃない。」

・東北には楽しいからいるんです。

・沿岸部はもともと地震の前から過疎化が進んでいた。なんにせよ人が減るのをとめられない。

・地元の人が地元をよく思ってない気がする。こんなに素晴らしいのに!

なるほどって思いました。

中にいないと分からない事、外からじゃないと分からない事、どっちもあるんやなあ。って思いました。

例えば「宮城県沿岸部の人口が流出」って聞くと、どうしても地震のせいだと思いがちですが、それだけではないんですね。

たまたまなのかも知れませんが、僕の出会う東北の人たちは本当に元気でパワーある人たちばかりです。

 

あとこれは僕の一関市の感想。

・百葉箱が多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です