東北一人ストラット 1日目 夜のつづき

5月12日(土) 21:30頃

東日本大震災があったその日、伊東洋平くんは関西にいました。
報道でその事実を知った伊東君はすぐさま仙台へ向かったのですが高速道路が使えなかったため、下道で何十時間もかかったそうです。
避難所に着いた伊東くんは不安や寒さで静まる空気をなんとか打開できないものかと考えました。
「まずはこの体育館の隙間風をなんとかしよう!」
伊東くんは色んなところからダンボールを集めてきて、それを風が入ってくるところに詰めていきました。一人で。もくもくと。
そうすると一人のおじさんに声をかけられました。
「なんか手伝おうか?」
そうしておじさんとダンボールを詰めていくうちに、一人また一人と手伝ってくれる人が増えていったそうです。

人が増えればそこに会話が生まれます。
会話が生まれれば笑顔が生まれました。
そうして笑顔が生まれた中で、伊東くんは自分がミュージシャンであることをみんなに伝えると「歌ってほしい。」と言ってもらえたそうです。

伊東くんはミュージシャンです。
でも始めから「俺はみんなのために歌いたい!」とかじゃなく、まずそこに何が必要で自分に何が出来るか考えるところから始めたのです。
それから伊東くんは色んな避難場所に行っては隙間風のあるところにダンボールを詰め、そして歌を歌ってまわったそうです。

僕、この話めっちゃ好きや。
伊東くんのこういう優しさめっちゃ好きやー。
伊東くんイケメンやねん。モテるねん絶対。
イケメンぎらいで生きてきた僕が(ねたみ そねみ)
伊東くん好きやわー。ってこの話聞いてめちゃ思ってしまいました。

追伸
伊東くんは昔サッカーでブラジルに留学してたらしいで!
うわーーーーーーー!
もうこれは来てもらうしかないんちゃう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です