出演者紹介

神戸にゆかりのアーティストが今年もいっぱい神戸ストラットに出てくれます!ほんまに感謝です!
クマガイタツロウの完全たる主観による出演者紹介、書かせていただきました。どうぞ。読んでちょうだい。

【優利香】
神戸ストラットオーディションイベント「デレンゾトリマエ」グランプリの人です。
まずもって僕はコンテストとかそういうの出るのが恐いので、その勇気からして尊敬します。きっと「独特の世界観が〜」とか言われ慣れてると思うねんなー。
でもそういうの言われまくってる人にありがちな変なスレ方とかしてないし、とっても礼儀正しいし、かわいいし、僕が「前歯舐めたろか〜?」とか言っても、ハハハって返してくれるキャパも持ってるし、もうおじさんアレだわ。ファンだわ。

【今村モータース】
「神戸の弟」という異名を持つ、関西五指に入る次男気質の雄。
声の美しさから線の細いイメージがあると思うねんけど、実は熱血硬派くにお君。
ちゃんと「なめんなよ。」を言うパンクス。
パンクは優しい。って誰かが言ってたけど、ほんまその通りですわ。
今ちゃん優しいもん。
スピッツって元々パンクバンドやったの知ってた?

【にこいち】
デビュー前の四国ツアーで僕がうどんをおごった事と、デビュー後に地元神戸でお好み焼きをおごった事で有名な、神戸で一番売れそうな気がするデュオ。
神戸国際会館こくさいホールでワンマンやったり、淡路島でフェスやったり、フルマラソン走ったり、スマートで清潔感あるマスクやのに、泥臭い活動も平気するバイタリティも持ってるからほんまに凄い。
今のうちにもう一軒おごっといた方がいいな。

【Permanent Fish】
通称パーマン。アカペラグループの中で僕が一番話やすいグループ。
全員いわゆる「シュッ」としている。
通常なら僕は男前は全員嫌いなので自分から喋ったりしないんやけど、パーマンだけは別。
楽屋が一緒の時は楽しすぎて声が枯れるからもう別室にして欲しい。
うそ。一緒がいい。

【アカシアオルケスタ】
Kiss FM KOBEの看板番組「Kiss Music Presenter」のサウンドクルーを務める藤原岬ちゃんを筆頭に、っていうか全員筆頭選手。
メンバー全員ほんま演奏うまいし、カッコいいねん。
ほんま見習いたい。勉強させて欲しい。一緒に合宿とかしたい。
いや、変な意味じゃなくて。いや、ほんまに。

【k−106】
ずっと昔から知ってて、ちょっとかすってるくらいの距離感やったんですが、今年に入ってたまたまライブ見てベタ惚れしました。
とにかくハッピーやん。音楽めっちゃ好きやん。バンドめっちゃ好きやん。
見た目がオシャレすぎるから何喋ったらええんかなーとか思ってたけど、めっちゃ話しやすいし、気さくなお兄ちゃんでした。ストラットでもっと仲良くなりたい。一緒に飲みたい。

【SUMMY】
何年か前のイベントの打ち上げで出会ってから今までずっと変わらず
「ラブ〜。」って言ってる変な人。
「愛しあってるかーい!」って清志郎さんしか言ったらあかんって思ってたけど、SUMMYやったら許せるかもしれない。知らんけど。
あとほんまにめっちゃ歌いい。SUMMYの低い音の声の感じがめっちゃ好き。ラブ〜。

【ラピースラズリ】
ある意味で神戸を象徴する、よってたかって人口増殖系おっさんバンド。
今回は20人?とからしいです。もうすぐ1クラスやん。担任いるやん。
ずっと音楽が、楽器が、バンドが好きで、そんな人が集まってるんやから、そりゃ楽しい。ステージ上が楽しそうって凄く大事やなあ。
僕担任やろかな。いややっぱ僕には無理。まとめきれない。

【平塚愛理 feat.チキンガーリックステーキ】
今年も平松さんが来てくれます。わーい!
しかもチキガリさんとコラボ。どんなんなるんかなー。楽しみすぎます。
平松さんは本当に天然でおもしろい。天然で優しい。天然で凄い。
電話したりすると本当にたくさん色んな話をしてくれます。ちょっと長い時もあります。そしてそんな平松さんが好きです。

【佐々江辰弥】
六甲アイランドCMソングを手がけるシンガーソングライター。
「歌を歌いたい!」って思ってからステージに立つまで、何年も歌の修行をしたらしい。凄い。
めっちゃ真面目な好青年で、歌うまいし男前やからほんまは嫌いなハズなんやけど、ええ男すぎて完敗。好き。
一緒に飲みに行って佐々江君のアカンとこを発見したい。

【サーカスフォーカス】
水道筋商店街にめっちゃ推されてる。
(嫉妬でこれ以上は書けません。)

【チキンガーリックステーキ】
なんと日本初のアカペラグループが神戸ストラットに初登場!
ありがとうございます!
緊張するわ〜。
前澤さんからメッセンジャーで連絡くるたびに緊張する。
でも前澤さん絵文字とかめっちゃ使ってくれるんです。気さくで優しい。
僕いっつもビックリマークだけですみません。

【スリムキャット】
自分から「神戸ストラット出たいです!」って言ってくれる若手のかわいい後輩。
これからも色々おごってめっちゃ売れても恩を感じて仲良くしてもらいたい、超有望なロックバンド。
ボーカルのSatoruは帰国子女でめっちゃ英語が堪能なので、一緒にフィリピンパブとか行ってモテたい。
どうかな?ちゃう?

【神戸・清盛隊】
「ハロウィンのイベントに清盛隊おったらめっちゃおもろいやん!一回言うてみよ!」※決して仮装ではありません。決して。
って思いついて連絡したらすぐに「ぜひ!っていうかやっと誘ってくれたー!」って言ってくれたノリのいいおもてなし武将隊。
神戸ストラット初出演!感謝!

【ダンシングチーム KIRARA】
数々のステージでワタナベフラワーのバックダンサーを務めてくれた、KIRARAさん。ほんまにみんな笑顔がめっちゃいいし礼儀正しい子供達ばっかり。
そろそろ付き合いも長くなってきたので、街で「こんにちは!」って挨拶されたら「あ、君KIRARAの子やんな!」って分かるぐらいになりました。
唯一無二のダンシングチーム。今年もよろしくお願いします!

【超能力戦士ドリアン】
「メンバーが六甲アイランド高校出身なんです!」
って本人達とうちのギターのいくちゃんの推しが凄くて初出演決定。
楽曲もライブも変わってる。また変な後輩が出てきた。
ヤバイ。これはうどんとかお好み焼きとかおごらなあかん。
出る杭に栄養あげなあかん。ほんで恩着せなあかん。

【ワタナベフラワー】
Vo.クマガイタツロウ、Gu.イクロー、Ba.ムサ、そしてオフィシャルサポートDr.やっちんで活動するのを、女性スタッフ4名を中心に日本中の優しいみんなで支えるワクワクロックンロールバンド。
毎年区を変えて開催する入場無料の野外フェス「神戸ストラット」。
神戸港開港150年を勝手に応援して150円で発売されたCD「神戸へおいで」。
そして2018年4月1日(日)神戸国際会館こくさいホールでのワンマンライブのチケット料金を870円(花だけに)に決めて即日完売を目指します!
無茶な企画を思いつくままに発信して毎年ワクワクしたり追い詰められたりしています。頑張る。

遊びブースが凄い

今年の遊びブースは凄い!

神戸ストラットでは子供から大人まで楽しめる(案外大人がハマる)
遊びブースを今年も展開します!

高須クリニックのひさや先生がひと肌脱いでくれましたー!
ほんまに感謝です!

高須クリニック presents ワタナベフラワー遊びブースはこの6つ!

ファッションプラザ「サン広場」内のヤグラステージ周りに遊びブースがあるで!
遊びブースでワタナベフラワーの記録に勝てば、神戸ストラットオリジナルステッカーがもらえます!
そのステッカーを4枚集めるとなんと、大阪音研さんが作ってくれた「ワタナベフラワーオリジナル消しゴム」がもらえるねん!!!
大阪音研さんありがとうございます!
実行委員会にも入ってくれてる塩崎さん、好きです。

想像しただけで!ほんま楽しい!嬉しい!
この遊びブースのとりまとめは神戸ストラット実行委員、ネクストセンセーションの石谷くん、ぐうちゃんが頑張って企画してくれてます!
泣ける!ありがとう!

その他にも

我らがヴィッセル神戸からキックターゲット!
サッカーのユニフォーム着たらスポーティな仮装に見える!?
ここで一句。

自分なりの
ゴール決めとけ
何事も

こうべイクメンブースではカスタネット作り!
木切った事ある?
ほんなら仮装して切った事ある?
僕はないね。
フォトジェニック!
別に言いたかないけど、フォトジェニック!!!

そして昨年大好評やったフェイスペインティング!
今年もゆきちゃんが来てくれます!
みんなでペインティングしてもらってイベントをより楽しむが吉。
いや、俺はそういうのは…っていう人!
大丈夫。緊張しなくていいんだよ。
優しくするからね。

これに加えて六甲アイランドハロウィンフェスティバルの遊びブースもあるねんで!
うおーーーーーー!
同時開催スゲーーーーー!

野外フェスで結婚式

「初めて」が好きなクマガイタツロウです。
だって「初めて」って感動するやんなー!

昨年、野外フェスとして日本で初めて結婚式をした神戸ストラット。
今年もやっちゃいますよー!
神戸が誇る移動式チャペル「ルーロット」が今年も来てくれます!
ハロウィンで結婚式とか、めっちゃええやーん!

今回のお二人は結婚11年目の千原忠治さん、明音さんのお二人です!
旦那さまがお体を悪くされたのをきっかけに、一大決心し岡山の県庁を辞めご家族で関西に帰ってこられました。
旦那さまの再就職も決まり順調にお仕事をされていましたが、ひょんな事から無職になってしまいました。

「色々あってもいつも文句ひとつ言う事なく、子育てをしながらも笑顔でついて来てくれる妻へ、感謝の意味を込めての結婚式をしたい!」
という旦那さまの想いと

「今回の結婚式で再浮上のきっかけになればいいなあ。」
という奥様の想い。
お二人のお互いを想う気持ち、ぐおーーーー泣ける!!!

みんなで思いっきり祝おうなー!
二人の写真は思いっきりフザケてるけど!
(照れ隠しだと思われます。)

ステージ発表!

神戸ストラットin六甲アイランドもうすぐやー!
ずっとソワソワしてるクマガイタツロウです。

みんな会場への行き方案内は見てくれた?
朝の混雑時の駅での撮影はまあまあ恥ずかしいで。
(関係者の皆様ご協力ありがとうございました。)
【具体的な行き方~六甲ライナー編~】はコチラ!!

会場までの行き方がだいたい想像出来たら次はいよいよステージやー!
今年の神戸ストラットは同時開催の六甲アイランドハロウィンフェスティバルとあわせて3つのステージから神戸の音楽を発信します!

【ストラットステージ】
アイランドセンター駅の階段降りながら右を見て!
そこに見えてくる大きな広場に、ストラットステージは在る!
各アーティスト物販のテントもここの広場にあるで!
寄ってってー!
ちなみにちなみに移動式チャペル「ルーロット」もストラットステージ横に登場!
って事は今年も…!?
続報をニヤニヤしながら待っててちょうだい!

【ハロウィンステージ】
毎年行われている「六甲アイランドハロウィンフェスティバル」のステージがこちら!
アイランドセンター駅の階段を降りてくるっとUターンしてまっすぐ(六甲ライナー沿い)に歩けば見えてくる!
会場を流れる川、ウッドデッキのステージ、対岸でみんなが集まるねん!
めっちゃええで!でもみんな川には入らんとってや!(フリちゃうで!)
神戸ストラットからの刺客(アーティスト)も続々登場!

【ヤグラステージ】
ストラットステージをお尻にしてまっすぐ見たら、そこにUFOみたいな建物があります!
(ファッション美術館がある建物)
その中になんと!今回ヤグラを組んじゃいます!秋祭りや!
こんなハロウィンないよな!
みんなで盆踊り踊ろう!
「神戸、ヴィッセル音頭」も…やるで!
ちなみにヤグラステージの周りには、遊びブースが出現!!
こちらも続報をお楽しみに!

神戸ストラット2017メディア情報!!

こんばんは!
ブログ初登場のスタッフの荒井です!

大変ありがたいことに、神戸ストラット2017が数々のメディアに取り上げていただいております!!
今回はそのメディア情報をご紹介します!

■神戸の情報誌「KOBE g-time」
9、10月合併号の秋フェス特集記事
〈発行日 9月1日〉
配布場所や詳しい内容は公式ホームページをご覧下さい!

■神戸市「広報紙KOBE」
東灘区版 10月号
〈発行日 10月19日〉
配布場所や詳しい内容は公式ホームページをご覧下さい!

皆様、ぜひチェックして下さいね!
サンキュー神戸!!

おばあちゃん

毎日歌ったり喋ったりしながら、神戸ストラットも作ってます。クマガイタツロウです。

褒めてーや!
とかではなく(それもあるけど。ちょっとは。)ヘラヘラしてたら出来ましたわ。みたいなレベルのものではないのよ神戸ストラット。

ほんまは、
よゆー!
とか言ってカッコつけたいところですが、それはそれで頑張ってくれてる実行委員会のみんなに失礼な気もするのよね。

昨年まで作ってくれてた実行委員会のメンバーがほとんどみんな今年も関わってくれてるんやけど、数人は今年都合がつかないメンバーがいて、さみしい。
そしてその穴は大きい。
ずっと続くものなんてないねんな。限りあるからこそ輝く瞬間があるよな。
みたいなまあまあなバンドマンとか、今からいい事言うで的これみよがしSNS投稿で見かけそうな事をジーンと感じてしまいなんとも言えない気持ちです。

なんにせよ、まだ生きてるうちに!とかは大げさのようで大げさではないので、今年も神戸ストラットの会場で流すジングルの素材を録りに、愛知県まで来ています。

過去の神戸ストラットで「ねくすとあ〜てぃすと〜」とか言ってるのは、山田光枝83歳。
僕のおばあちゃんです。

ちなみに僕は女好き、ギャンブル好きなおじいちゃんのアカンところ(?)と、アホな事ばっかり言って、自分の事好きなおばあちゃんのいいところ(?)が隔世遺伝しており、さらにそこにオヤジのさみしがりと、オカンの自由感をふりかけられた、バイオハザードなのです。

ともあれ、おばあちゃんの録音スタート。
頑張るおばあちゃん。
しかし飽きたらタニシを拾いに行きます。

紆余曲折ありながら、録音完了!
ギャラはクマちゃんカレーです。
「きゅうりがやらこくてうまい。」
と、カレーわい!な感想いただきました。

生きてたら行く。
との事なので、当日会場で見かけたら声かけてあげてください。
「おばあちゃんな、サインした事あるよ!」
って嬉しそうに自慢してたので。